結婚式は挙げるべき?ナシ婚という選択肢もあり?

式場を探す前に
AD

結婚式を挙げる割合

最近、婚姻届を提出しても、結婚式を行わないカップルも増えているそうです。
2011年には67万件の夫婦が結婚しましたが、結婚式を行った夫婦は35万件だったそうです。

半数はナシ婚ということになりますね。
ユメ子の友達にもナシ婚を選んだ友達がいますし、現代では不思議な目で見られることはありません。

ナシ婚でも、負担なく記念を残したい

結婚式を挙げなくても、二人の特別な思い出を作る方法があります。
二人の負担が少ない方法を考えてみました。

フォトウエディング

国内旅行も兼ねて、リゾート地でフォトウエディングという方法があります。
天気が気になれば、スタジオで記念写真を撮るプランもあります。
一生に一度のウエディングドレスは来てみたい!という気持ちを、この方法なら格安で叶えてくれます。

前撮り・フォトウエディングの相談はこちら

海外ウエディング

二人だけ、または二人と両家の親だけで、海外ウエディングを行うという方法もあります。
フォトウエディングに比べるとお金はかかりますが、式が終わればハネムーンも一緒に行えますので、その分費用がお得になります。

小規模の結婚式、挙式のみ、レストランウエディングにする

こちらも二人だけ、または家族数人を呼ぶだけで、小規模な結婚式を行うという方法があります。
例えば六人だけで結婚式を挙げると、費用をかなり抑えることができます。

そして挙式のみにするという方法もあります。
普通、結婚式は『挙式(チャペルや神前式)』と『披露宴』を行いますが
『挙式』のみにすることで、有名高級ホテルでも格安に式を行えます。

披露宴の代わりにレストランを貸し切りにして、アットホームなレストランウエディングも出来ます。

会場によっても出来ることは変わってきますので
『小さな結婚式』のように、小規模結婚式を目的としているサイトを使って相談してみるのが、スムーズでオススメです。
結婚に絡むことだと「お金を出せなくて恥ずかしい…」という気持ちが生まれてくることがありますが
最初から小規模結婚式を宣言しているサイトだと、費用のことも相談しやすいですよね。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】

まとめ

結婚すると、予想外のお金も掛かったりしてきます。
なので、ナシ婚という選択肢もありだと思います。

またお金に余裕が出来てからとか、子供が少し大きくなってから
結婚式を挙げるのも良いと思います。

後悔のないように、二人でとことん話し合って決めて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました